ニシーのブログ




selected entries archives links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト ::: 2014.11.05 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




俺とお前とVAKI☆VAKIと ::: 2014.11.05 Wednesday
VAKI☆VAKI来てくださったみなさん、どうもありがとうございました!
3rd DEMOも凄まじい売れ行きで、買ってくれたみなさん、どうもありがとうございました!
3rd DEMO通販できまっせ→http://satisfactions.jp/discography/

VAKI☆VAKIの詳しい感想を書こうと思いましたが、それはヒロキックスがやってくれたのでそちらをご覧アレ
http://fooly-coolly.jugem.jp/?eid=762



VAKI☆VAKIというイベントはアンドレとヒロキのイベントである。
Satisfactions名義のイベントではない。
俺とヨシダくんはあまり内容には関わっていない。
なぜか?
答は簡単、俺とヨシダくんはそーゆーことに疎いのである。
かなり無頓着なのである。
もっとハッキリ言っちゃえば、あんまり興味が持てないのである。
興味が持てないので、必然的に役に立たないのである。
これはSTANのころからそうである。
STANはSFと「モナリザ・オーヴァードライヴ」というイベントを共同でやっていたが、ブッキングはほとんどSFのタカチホさんがやっていた。
俺がやったことと言えば「いいっすね〜〜」とか「それいい感じっすね〜〜」とか言ってニコニコしてたくらいである。
対バンを誘うにしても、ライヴハウス界隈のバンドをあまり知らないのである。


要するに、俺とヨシダくんは興味の対象が音楽の外側ではなく、内側に向かうことが多いのである。


しかし、バンドをやっていく上でそれではダメなことが結構ある。
音楽やロックの最大の醍醐味は他者とのコミュニケーションなのだから。
内側に向かってるだけじゃダメなのである。(それも外側に向かうのと同じくらい大事なことなのだが。)
STANでデビューした直後くらいから俺もヨシダくんもその点は薄々気づいてはいた。
しかし、気づいてはいたが、どうすることもできなかった。
can not(〜することができない)であった。
つまり、「それは重要なことだ」と気づいてはいたが、我々にはその能力がなかったし知識もなかったので、どう動いていいかわかんなかったのである。
空転する日々であった。



だが、アンドレとヒロキにはその能力がある。


側で見ていて素直にすごいなぁと思う。
俺とヨシダくんには絶対ない能力である。
だからほんとうに「ありがたい」と思います。

感 ☆ 謝

そしておつかれさま〜〜〜!

 
カメラに向かって近い二人がSatisfactionsのカミセン
奥にいるのがトニセンです




次回のSatisfactionsライヴは12.1@新宿JAM!!!
初JAMヨロシクゥ!
詳細→http://satisfactions.jp/schedule/








 




ブログ ::: 2014.10.19 Sunday
最近ブログ全然書いてない。
昔は結構書いてたよね、俺。
なんであんまり書かなくなった?俺よ。

わかんね〜
理由なんかね〜
ただなんとなく、だからな〜

俺はSTANとかSTAnで歌詞書いてたじゃん。
で、ブログも頻繁に更新してたじゃん。
で、インタビューも散々されてきたじゃん。

そーゆーのって全部「言葉」でできてるじゃん。

だから「言葉」ってのがどんだけ凄くて、どういう効果があって、どんだけ素晴らしいものか、何となくわかってるつもりだけど、
逆に、どんだけ危険で、どんだけ安易で、どんだけ役に立たないかってのも、目の当たりにしてきちゃったとこがあるんだよね。



「言葉」って要するに「分ける」のが得意なのよ。

何かを言葉にする以前の自分の脳内を思い出してごらんよ。
何かモヤモヤした“すごく曖昧で漠然とした印象とか感覚”しかないじゃん。
で、それを他者に伝えたりするときに初めて「言葉」を使うけど、その瞬間になんか「ハッキリ」しちゃうじゃん。
“すごく曖昧で漠然とした印象とか感覚”がなんか「ハッキリ」しちゃうじゃん。

それがヤなんだよね。
なんか。
今は。


だって世界とか人生ってそんなに「ハッキリ」してないでしょ。
大多数のことが「なんとなく・・・」の連鎖でしょ。


とは言っても、俺がそう思うのは年齢もあると思う。
俺だって前は「I hate you!」だとか「STANマジヤバイ!」とか言ってた人だから、なにがしか「ハッキリ」させたかったんだと思う。
でも最終的に行き着いたのが「 virginia sky,endless stardust & darlin' 」だからねw
なんもハッキリ言ってね〜〜w


でも「ハッキリしようぜ」、「ハッキリ言ってくれ」って気持ちもわかる。
音楽の世界に限らず、若いKIDSとかはやっぱそういう傾向があるよね。
それはそれでいいと思うよ。
だって若いKIDSはそれが「役目」だし「仕事」だから。
彼らは「分けたい」んだよ。
俺とお前は「違う」、俺らとあいつらは「違う」、昔と今は「違う」、Aは良くてBは良くない。
たぶん彼らはそういうことを心の底から信じてる。
俺が以前そうだったみたいに。


でも今はもう、俺はあんまりそう思えない。
思えないもんはどうしようもない。
無理に「そう思おうとする」なんて不自然なことしたくない。
俺とお前は「同じ」、俺らとあいつらは「同じ」、昔も今も「同じ」、AもBも大体「同じ」。
そう思う。
なぜだかわからないが、今はそう思ってる。



☆☆ライ宣(ライヴ宣伝の略)☆☆

Satisfactions次回ライヴはコレ!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
11.3(月祝)@下北沢BASEMENT BAR
『アンドレ&マツイヒロキ共同企画 「VAKI☆VAKI vol.2」』


1409642144635













w/ potekomuzin / 狂気 / THIS IS JAPAN / BLUE鶚

open 18:00/start 18:30

adv 2000/door 2500(+1D)
 


SatisfactionsのvoアンドレとBa.ヒロキの共同企画VAKI☆VAKI vol.2!
アンドレは狂気でも出るし、ヒロキはpotekomuzinでも出ます。
色々見比べてみると面白いかもね!
二人頑張ってます。

あと、Satisfactionsはこの日3rd DEMOを発売します!!!!Yo!!!!!

みなさま、応援よろしく!(つまり、来て!)


もろもろ詳細、チケ予約などはコチラ!
http://satisfactions.jp/ (Satisfactions HP)








 




Satisfactions情報! ::: 2014.05.20 Tuesday

・Satisfactions、動画できました! 
 

かっこいいじゃん


・Satisfactions、HPも完成! 


かっこいいじゃん


・Satisfactions、通販も開始!  

http://satisfactions.jp/discography/ (1st DEMO、2nd DEMO)
http://satisfactions.jp/goods/ (ステッカー)

かっこいいじゃん


・Satisfactions、大阪、名古屋行きます!

5.25(日)@大阪 梅田 HARDRAIN 5.26(月)@名古屋 池下 CLUB UPSET

詳細&チケット予約などはコチラ! 



よっしゃよっしゃ!!!













ストーンズが来る!! ::: 2014.02.23 Sunday






っっしゃあああああああ!!!!






 




ゆくSatisfactions くるSatisfactions ::: 2013.12.27 Friday
今年も終わりますね。

今年は音楽聴くのも演奏するのも楽しかったです。

洋楽がとても元気な印象を受けました。

デヴィッド・ボウイ、カニエ・ウェスト、ダフトパンク、エミネム、個人的にはその辺が印象に残ってます。

邦楽はあんまり詳しく知らないんですが、アイドルのみなさんが元気だな〜って思いました。



Satisfactionsはたしか今年の一月くらいに四人がそろって、、、え、、、そう考えるとまだ一年経ってないのか!!

結構濃密でしたね〜〜。

でも今年は土台固めに終始するつもりだったので、いいカンジにここまできたと思います。

なんでもそうだけど、「離陸」には充分な点検と準備と助走が必要だと思うので。



渋谷屋根裏での初ライヴがとても心に残ってます。

あの日のライヴは緊張しました。

ってゆーか、みんな緊張してました。

俺も、アンドレも、ヒロキも、よっきゅんも、お客さんも、屋根裏スタッフも。

でも「アンダーマイサム」が始まったら、もう、楽しかった。

少なくとも俺は純粋に楽しかった。

ロック!って感じがしました。

感想は賛否両論でしたが、俺的には全然気にならなくて、「これはいい!イケル!」という感じでした。

あと、俺が感心したのはアンドレとヒロキの人間性。

あの二人にかかるプレッシャーというか偏見というか、そういうのはまあまあ大変だったと思います。

でも、あいつら全然乗り越えてやんの!!

よかった。

その後はライヴを重ねるごとに色々かみ合ってきて、四人がサッカーで言うところの「機能」してきました。

来年はもっと「機能」してスクデッド狙いたいと思います!!!(サッカー用語)



とりあえず一月に数曲recします。

お楽しみに。

あと、そろそろホームページ作らないとね!






それではみなさん、よいお年を。





Satisfactions ニシイ